適材適量

断捨離初心者の雑記がメインになりつつあるブログ。たまに持病(消化器疾患)のお話も~

病気を持ちながら働くことについて

在宅勤務が、「部分的にOK」な職場に勤めております。

 

現在の勤め先は、

持病了解のもと「勤務OKやで!」

ってことで雇ってもらってるので、

それなりに優遇はしてもらっております、えりぃです。

 

f:id:erriii:20190110195618j:plain

専門的な知識が微弱でもあって

良かったなと思う次第。

 

給料は同職と比べるとぶっちゃけよくはない(爆)

 

でも、病気配慮は本当に助かります。

 

通院とか平日だもんよ…

 

 

 

特別扱いして!って言うんじゃなくて

 

ここまでは確実に出来るから他の人と同じでOK

でも、病気関連の非常事態は頼ってくれてOK

 

ってところの線引きがね

 

きちんと提示してもらえてるとこが、いい。

 

心身的に平穏…

 

これにかえられるものは無かった……。

 

(ひっどい職場も経験したから

 その件は、まぁまたあとで愚痴がてら書くかも…)

 

 

 

そうは言っても、

優遇してもらってるのは

 

平日の通院休みを

休日分で振り替え可にしてもらったり

 

どうしても体調的に出勤厳しいけど…

スケジュールもやばい…

でも、座ってれば何とかなるんだよね?

っていう日の在宅ワークの承認

 

この二つだけですけどもね。

 

 

 

将来的には在宅にシフトしていけるように

知識を溜めこみつつ仕事仕事…

 

すぐに!といかないのは

給与+福利厚生面で待遇がめちゃめちゃ悪…

 

そこんとこがな…踏み切れない理由。

 

日本はこの辺 おっくれてるぅ~…

 

在社だろうが在宅だろうが

やること変わんないのになぁ…

 

電話が取れないで困るだろって?

 

いやいやいや

 

思い返してみると

メールで済む内容がほとんどだし

 

口答依頼

口答確認 程

信用ならんもんは無いでしょ。

 

いざって時はスマフォあるでしょ。

 

って話。

 

 

 

堀江さんをリスペクトする訳ではないけれども

彼も著書「多動力」で、「電話は、自分の時間を奪う最たるもの」

みたいな事を書いていたよ。

 

 

 

うん、話題がちょっと脱線したけども…

 

 

病気やら家庭事情やらで諦めてる人がいっぱいいる。

 

待遇が悪くて埋もれちゃってる人材もきっといっぱいいる。 

 

 

 

新しい勤務のカタチ

 

あっていいんじゃないかな?

と思うんですよね。