適材適量

断捨離初心者の雑記ブログ。たまに持病(消化器疾患)のお話も~

IBD(クローン病)患者が普段気を付けている事|脂質編|

調子がいい時は、

己の胃腸を過信してしまいがち…

 

今回はこんなこともあったので;

www.e-simple.life

 

自戒の意味の込めて、持病のことと、

普段気を付けていることを見直して書いてみたいと思います。

 

何となくあたりはついているんですけどね…

 

 

IBDクローン病)」とは何か?

小腸や大腸を中心として、

消化管全体に原因不明の炎症や潰瘍が好発する病気です。

 

f:id:erriii:20190408164358j:plain

もともと重度の貧血&ぢ持ちであったので

病状に気がつくのが遅れに遅れ……

結構重症化→長期入院を経て、小腸を1m程切除するなどしています。

 

現在は、通院点滴(レミケード)+食事療法

激しい運動が出来ない以外は普通の生活を送れていますよ~

www.e-simple.life

 

 

 

IBDクローン病)」の基本的な食事制限とは?

主に、適正カロリー・低脂肪食・低残渣食が基本とされ、

その中でも私は「低脂肪(脂質の制限)」を重要視しています。 

 

私の場合ではありますが、

脂肪は、下痢や腹痛の原因になりやすいです。

 

調理油を気を付ける以外にも、

食品中にも含まれるので、

肉などの脂肪の多い食品の摂り過ぎにも注意

 

 

脂肪の種類

脂質にも種類があって、

普段自炊する時は意識するようにしています。

 

牛や豚など動物の脂肪には飽和脂肪酸が、

魚の脂肪にはn-3系列の多価不飽和脂肪酸が多く含まれます。

 

また、飽和脂肪酸(とn-6系脂肪酸)は炎症を悪化させ、

n-3系脂肪酸は炎症を抑えると言われています。

 

下記は簡易的な一覧です。

 

飽和脂肪酸

豚脂(ラード)、牛脂(ヘッド)、バター、牛脂身、豚脂身、綿実油


○n-6系脂肪酸

サフラワー(紅花)油、綿実油、大豆油、コーン油、マーガリン、ごま油、種実類

 

○n-3系脂肪酸

しそ油、えごま油、菜種油、魚介類(n-6:n-3 =4:1以上)

 

はい…ラードは、、

思いっきり炎症を悪化されるとされる部類の脂質ですね!

 

豚系のお好み焼きだったので…そうだね…

 

犯人は、たぶん、お前だッ ラード!!!!! 

 

 

脂肪摂取のポイントは?

「絶対、取るな」という訳では無くて、

以下、2点を注意している感じです。

① 油の総摂取量を減らす。

・1日油などの使用は小さじ1~2杯。

② 食品の脂肪も意識。動物性脂肪の摂取を減らす。

・肉類も脂肪の少ない部位を。(ヒレを選ぶ、鳥皮をさけるんなど)

・バター、ラードなどの使用は控える。

・マヨネーズ、ドレッシング類の使用は控える。

 

 

IBDクローン病)」の私がオススメする油

普段は、テフロン加工のフライパンで

油はあまり使わないことを基本としています。

 

でも、どーしてもちょっと使いたい時は、

菜種油 or えごま油が一押しです!

 

ただ、IBDの方にお話を聞くと、

症状も、大丈夫な食べ物や油も、人それぞれ本当に違います。

 

私の場合は、油だと…

牛脂は比較的大丈夫なのに

ピンポイントで、ラードがからっきしだめ;

 

一回あたってしまうと、 

常時、ずっと胃もたれしてる感じで…

流動食メインにしてます…とほほな感じです…

エレンタールはトマト味がすきです…

 

 

 

IBDクローン病)に限らずですが、

 

脂肪の種類を知っておくと

普段の内臓不良の症状緩和にも役立つと思うのでね

 

ちらっとでも誰かのお役に立てましたら幸いです^^ノ