適材適量

断捨離初心者の雑記ブログ。たまに持病(消化器疾患)のお話も~

血の繋がりがある”だけ”なんだよなぁと思う件

育ての父は他界しているけれど

実の父は健在でたまにごたごたございます、えりぃです。

 

会話が足りなくて(成立しなくて)、

実の父とはほぼ他人状態

墓参り等で帰った時に何か会話出来ればいいなぁ…

 

なーんて

 

思ったんですが、、

 

 

あいさつもままならないのですよ……

羅刹の家か、ここは(白目)

 

埋まらない溝が多々あり過ぎました………。

 

 

無理だなぁ…

 

家の犬の孫犬がいなければ

今も寄りつきたくはないですが(暴言)

 

じいちゃんらとの関係はいま良好だから

お盆はたまに帰りたい…

 

犬可愛いしな……

 

以下、愚痴っぽいちょっぴり暗めの話題になって申し訳ないです!

 

こんなことがあったなぁという振り返りと

暗い気持ちは、箱(ブログ)にしまってしまおう…

という想いからこの記事を書いていきます。

 

ちょっと長いw

 

そして、マイナス思考全開なので(汗)

 

あんまり見たくないなぁ~ という方は

今回この記事スルーでお願いいたします。

 

代わりに注目記事(アクセスが多めの)こちらでもごらんになってください~

www.e-simple.life

 

 

 

 

 

高校の頃までは

両親+祖父母(二世帯住宅)の中で

生きていました。

 

 

実父は普通のサラリーマン

 

ゴルフやお酒飲みでほとんど家にはおらず、

たまに家に居る時といえば寝てばかり…

母とは口喧嘩ばかり…

 

言葉が出なくなった時の口癖は「もういい」でしたね。

 

私も怒ると言ってしまう事あるので気を付けていきたい…

潜在意識ってこわいね…

 

時たま、どこかに連れて行ってくれようと

したこともありましたが、私が車酔いしてしまい…

「面倒くさい」

「楽しいものも楽しくない」と

度々言われていました。今でも耳からはなれません。

 

田舎だから、車移動は必須ではあったんだけど…

でも、次第に「私は、行かない。(車に酔うから)」と

車酔いしない弟たちに遠慮して外出を嫌がるようになりました。

 

 

幼少期で一番印象深い事は、

東京ディズニーランドに遊びに連れて行く!」

と言われ喜んで一緒に出かけたら門前に弟ともども放置されたこと。

 

電車には酔わなかったから

旅すがらわくわく嬉しかったんだけどなぁ………

 

※あとから来る予定の父の妹(おば)に子供らを任せ、

 実父は一人 友人との東京観光で居なくなった

 

次点で「動物園に行く!」って競馬場連れていかれた時も酷い気持ちになりましたw

 

 

中学~高校の時(反抗期)

この頃から、実父は何か気に入らないと

怒鳴り散らす・さえぎる・無視・数日帰らない

が頻繁になってきました…

 

色々と”あきらめた”ので

会話した記憶がほとんどありません。

 

「飯」「風呂」みたいな…

単語しか聞いてないw

 

そうそう、いちばん痛かった思い出は

高校3年の夏に本気で殴られて

鼻の骨と腕の骨(ひび)を折ったことね。

 

些細な喧嘩だった…

(私が家事全般を押しつけられていて、

 たまご買い足してなかったとかそういう理由)

 

とっさに手で顔をおおいましたからね…

腕で衝撃をうけてなかったらどうなっていたのだろうね(怖い)

 

……力でかなう訳は無いのです。

 

鼻血が止まらず、

ティッシュで止血しながら

洗面器を抱えて病院に行きました。実父と。

 

左顔面がおおいに腫れましたが、

この時 既に母が別居していたこともあり(子供との交流はありで)

自転車で転んだ事にされてうやむやに………。

 

「大学に行かせてもらえないかも」

そう思うと周りに相談もできず。。

 

夏休みだったと記憶しています。

 

……夏休みでよかったね…

 

まぁ、普段は胸倉を掴まれるくらいで

(これも昔友人いったら「おかしい」と言われましたが)

ものすごく酷い怪我したのはこの1回…

 

 

いざ大学生!という時

入学時に父が無職(!?)になり休学

 

何で職を追われたのかは今でも知りません。。

教えてくれなかったので。

 

でも、後ろめたい何かがあったのでしょうね……

 

「学費は義務として出す」って言ってたんで

大学はありがたく行かせてもらう事にしてたのに…

 

小さい頃からのお年玉や

母が積んでいてくれた教育ローンは生活費に…

 

再就職はできたようですが

「生活苦しいから、お金はださない」とのことでした。。

話が違うけど、仕方がありません…。

 

無い物は無い。

 

積み立ての残り+1年間のバイト代+奨学金

意地で大学には入学したものの…

私立大です。

 

お金は振ってこない……

 

奨学金の返済にも将来的に不安がある……

(研究職だったもので)

 

勉強したいところだけ勉強して、

1年で退学も考えました。

 

でも、この頃 母が再婚しており、

母の再婚相手…育ての父に助けられて卒業します。

(卒業してから少しずつ援助分を返済)

 

育ての父は10年来の知り合いではあったので

歯がゆくもありましたが、

話を聞いてもらえて安心した記憶があります。

 

この時しっかり他の学科の手に職を学んでおいてよかったです……本当に。

 

当時、勉強がんばったからね…認めてくれたことが本当に嬉しかったな…

 

この他にも一杯感謝しているけど、

育ての父には感謝しかないんですよね。

 

ありがとう。

 

 

 

 

 

細かい痛~い思い出は

かなりはしょってお送りしておりますが、

 

…流れだけ追ってみると心が痛くなりますね。

 

オブラート包んでる部分も多いのに……

 

 

本当に

「会話が足りない」

「会話が無い家」

だったよね~………

 

「もういい」って会話

〆られてしまうとそれ以上どうしようもないもの…

 

 

子供もね、言っている事 わかっていたよ。

 

うちの生活費を、母が居るうちは、

母が全部払っていた事 知っていたよ。

 

母が看護師で「自分より給料いいんだから色々払え!」とか

ごねてたのも知っていたよ。頼りすぎだよ。

 

友達の家のお父さんと違ったよ。

 

正直、うらやましかったよ…

 

 

そして、ちょっと情けなかったよ……。

 

 

 

 

 

私の家族は、

母、育ての父、弟二人、犬

だけだったんだなという話です。

 

育ての父は父としての期間は短い物でしたが今でも尊敬しています。 

 

弟のことは詳しく書きませんが

学費面では私同様の苦労をし、

助けてくれたのはやはり育ての父でした。

 

みんなあのうちに残ってない…

 

 

もう、実父とは10年以上離れて暮らしてますが

わだかまりって消えないもんで…。

 

あと、私の苦手意識も相当だなと再認識w

 

 

実父は家族の中にあって”一人で生きていた”ので家族では無かったんでしょう

 

血が繋がっているだけの

かつて同居していた人と思う事にしています。

 

祖父母も”今は”よくしてくれるからさ…和解してます。

 

でも、母を悪く言う所は未だにもやっとしてしまう…

つらいわね…

 

まぁ 当時の家計がどうなってたか知ったらまた違うかもしれない。

 

 

 

自分で稼ぐようになってわかったこととか

見えてきたこともある。

 

お金稼ぐのって大変だね。

 

でも、ただ言えることは

私は実父の様にはなりたくない。

家族がいるなら守りたいなぁ…金銭面でも苦労かけたくない。

 

でも、このことに気持ちを割いて、

これ以上 悲しい気持ちにひっぱられたくないから…

友人に愚痴ったり、母や弟に愚痴ったりももうしない

 

ただ、つらい時はブログの箱(記事)にしまうようにしようと思う。

 

自分の中で昇華して、強さに変えていければいいと思うのです…。

 

 

私と同じように家族事でつらい思いをしている方が

もし万が一にいらっしゃったなら…

まぁ…私で良かったら愚痴ってくださいね。

 

切り替えていくこととか、

箱にしまったり愚痴ったりするのも大事だと思うんですよね。

 

精神衛生上だいじだいじ。

 

 

 

暗い記事になってしまいましたが、

ここまで読んで下さった方 ありがとうございます。

 

だから、まぁ今が幸せって思えるのかもしれないです。 

 

楽しく生きていきたいねぇ~